タトゥーの部位は脱毛施術が出来ない場合がある

MENU

タトゥーの部位

 

全身脱毛が断られてしまうケースとしてはタトゥーが入っている部位です。

 

今や身体の色々なところにファッションでタトゥーを入れるという方も増えてきています。オシャレな方だからこそ、全身脱毛をして綺麗になりたいと思う事でしょう。ですが、タトゥーの部位だけはできないと断られてしまうケースが多々あります。

 

その理由としては、光脱毛のメカニズムに関係します。脱毛サロンで主におこなわれている光脱毛(フラッシュ脱毛、IPL脱毛等呼び方はいろいろ)は、黒い部分に反応する光を利用しているため、タトゥーの部位にも強く反応してしまう可能性があるからです。

 

強く反応するということは、その部位に刺激がいくという事ですので、施術の際に痛みを感じてしまう方もいるでしょう。それだけであれば、タトゥーを我慢して入れた人ですから痛みや肌トラブルは我慢できるかもしれません。

 

ですが、痛みや肌トラブルだけでなく、せっかく入れたタトゥーが薄くなってしまう可能性もあります。場合によっては脱毛はイマイチで、タトゥーだけ消えてしまうことにもなりかねません。

 

そういったトラブルを引き起こしかねないタトゥーの部位は脱毛サロンでも断られるというわけです。ただタトゥーといっても色はさまざまですので、そのタトゥーのデザインやカラーによっては脱毛できる場合もあります。

 

そのため、脱毛サロンの中にはタトゥーがあってもできる可能性はある、というところもあるのです。まずはそういったサロンに相談してみるといいでしょう。

 

関連ページ

日焼けをしていると脱毛施術が出来ない場合がある
全身脱毛できないケースとして、日焼けをしている場合です。光脱毛は、黒い部分にのみ反応する特殊な光です。
妊娠中の方は脱毛施術が出来ない場合がある
全身脱毛できないケース、もしくは断られるケースとして妊娠中の女性です。
病気・皮膚疾患がある方は脱毛施術が出来ない場合がある
全身脱毛ができない場合としては、何らかの病気や皮膚疾患がある方は出来ない事があります。
未成年の方は脱毛施術が出来ない場合がある
未成年の方の場合、全身脱毛は断られてしまうこともあるのです。