妊娠中の方は脱毛施術が出来ない場合がある

MENU

妊娠中の方

全身脱毛できないケース、もしくは断られるケースとして妊娠中の女性です。基本的に妊娠中に光脱毛は出来ません。 妊娠中は、ホルモンバランスの乱れにより、ムダ毛も多くなってしまうこともあります。子供ができたらなかなか脱毛にも行けないから、この際だから全身脱毛してしまおう、と考える女性も多いようですが、たいていは断られてしまうでしょう。 妊娠中の方が脱毛できない理由は、照射する光が胎児に悪影響を与えるから、というわけではありません。皮膚表面は通過するものの、胎児のいるお腹まではとうてい届きませんので全く影響がないと言われています。 影響があるのは母体の方です。前述のようにホルモンバランスの乱れにより、妊婦さんの身体は普段よりも過敏になっています。そのため、痛くないと言われる光脱毛ですら痛みを感じてしまうこともあるのです。 そして肌が敏感になっているということは、少なからず肌トラブルを引き起こす危険性もあるという事なのです。しかも、全身脱毛となると、うつ伏せになって長時間施術したりするため、そういった意味では胎児にも悪影響があるかもしれません。そして母体も長時間の脱毛施術についていけない、疲れてしまうのです。 中には「妊娠しているのを知らずに脱毛してしまった」と不安になる方もいるでしょう。ですが、脱毛して何ともなかったのであれば心配要りません。 ただ、それ以降の脱毛は中止しましょう。女性はいつまでも、どんな時でも美しくありたいと思うでしょうが、妊娠中だけは健康な子供を産むことだけを考えるようにしましょう。

関連ページ

日焼けをしていると脱毛施術が出来ない場合がある
全身脱毛できないケースとして、日焼けをしている場合です。光脱毛は、黒い部分にのみ反応する特殊な光です。
病気・皮膚疾患がある方は脱毛施術が出来ない場合がある
全身脱毛ができない場合としては、何らかの病気や皮膚疾患がある方は出来ない事があります。
タトゥーの部位は脱毛施術が出来ない場合がある
全身脱毛が断られてしまうケースとしてはタトゥーが入っている部位です。
未成年の方は脱毛施術が出来ない場合がある
未成年の方の場合、全身脱毛は断られてしまうこともあるのです。