日焼けをしていると脱毛施術が出来ない場合がある

MENU

日焼けをしている

 

脱毛サロンで行う光脱毛は、比較的簡単で痛みもほとんどない脱毛方法です。ですが、全身脱毛できない場合もあります。

 

全身脱毛できないケースとして、日焼けをしている場合です。光脱毛は、黒い部分にのみ反応する特殊な光です。その光により黒い毛が生えている毛根を刺激し脱毛し、発毛機能をストップさせるというものなのです。

 

通常であれば、肌色の部分は光が通過するので肌には影響を与えません。

 

ですが、日焼けをしている場合、肌が黒くなっているため、脱毛できなくなる場合もあるのです。どれくらいの日焼けだとダメか、というとなかなかその基準は判断しづらいです。

 

そのため、日焼けはしていない状態が理想です。また、こんがりと黒く焼けていなくても、日焼けしたばかり、赤くなっている時も脱毛できません。そのような状態は軽いやけどしていることになります。そのような状態で光脱毛をするとヤケドが悪化してしまいます。当然痛みも伴ってくるでしょう。

 

また、全身脱毛となると、当然全身の日焼けはできなくなります。しかも脱毛前だけでなく脱毛直後も日焼けには注意しないといけないので、1年近く脱毛が完了するまでかかるので、日焼けをしないようにしなければいけないのです。

 

夏までに全身脱毛を完了させたい、という方は多いでしょう。そうなると1年くらいかかる事を考えると秋口から始めるのがベスト。ですが、そのためにはその前の夏は日焼けしないように心がけましょう。

 

関連ページ

妊娠中の方は脱毛施術が出来ない場合がある
全身脱毛できないケース、もしくは断られるケースとして妊娠中の女性です。
病気・皮膚疾患がある方は脱毛施術が出来ない場合がある
全身脱毛ができない場合としては、何らかの病気や皮膚疾患がある方は出来ない事があります。
タトゥーの部位は脱毛施術が出来ない場合がある
全身脱毛が断られてしまうケースとしてはタトゥーが入っている部位です。
未成年の方は脱毛施術が出来ない場合がある
未成年の方の場合、全身脱毛は断られてしまうこともあるのです。